はだかんぼ運動会の2話目

2話目

1種目目の肉棒倒しで思った以上の力を発揮できなくて紅組に迷惑を掛けたと思っている主人公の進藤あゆみは自分の椅子で座ってボーっとしていた。
そこに先生が現れてある提案をする。
それは参加するはずではなかった「騎馬レース」に、高木くんと一緒に出てほしいという事。
だがしかし、そのいきなりの変更により1組が巨漢の男子とガリガリの女子がペアを組む事になってしまい、もちろん結果は見え見え。
レーススタートと同時に進む事ができずに敗退決定。あとはあゆみ達だけが頼むなのである。

ちなみにこの騎馬レースというのは、女性が馬のように四つん這いになって目隠しをして、男性がその上にまたがって道を外れないように操作をするのである。
女性にとっては過酷な競技ではあるので、またがる男性は比較的、軽めの男子を選ぶべきである。

この高木くん自身も肉棒倒しであゆみの事が気になりすぎて白組の対戦相手のテクニックの前にイッてしまい、これまた自分の力を発揮できなかった一人である。

すると、最初は差が広がらなかったがあゆみの豊満なオッパイの揺れを見て白組の男の子が操作ミスをしてしまい、まさかの1位で優勝する結果となる!
これで1種目目の失敗が嘘のように大活躍をしたあゆみと高木くんはこの勢いで紅組優勝へとみんなを引っ張っていける事ができるのだろうか?

まだまだ競技は午前の部が終わったばかり、午後はさらにエッチでハードな競技が待っているに違いないのでお楽しみに!


inserted by FC2 system